大人の矯正と子供の矯正の違い

子供の歯科矯正の方法

矯正は、歯が動きやすい子供のうちから始めるのが労力が少なく有利です。
まず、骨格矯正といってあごの骨のバランスや大きさを整える治療を行います。子供の歯並びが悪い主な原因は、あごが小さい事によります。矯正であごを広げる事によって、歯がきちんと並べるスペースを確保できます。反対咬合の矯正には、ムーシールドというマウスピース型装置やフェイスマスク型装置を夜間に装着します。骨格矯正で土台作りが終わったら、ワイヤーを使った歯列矯正で歯をキレイに並べていきます。
骨格矯正の適年齢は3歳から12歳で、歯列矯正の適年齢は10歳から成人です。骨格矯正によってその後の永久歯がうまく生えてきた場合は、歯列矯正が不要となったり、部分的な矯正だけで治せるケースも多く見られます。

大人の歯科矯正の方法

大人の場合は、あごの骨の発達も終わって歯並びも完成している状態の為、子供に比べて治療期間は長めとなる傾向です。
歯並びや噛み合わせを改善するには、歯のひとつひとつにブラケットをつけるブラケット矯正があります。大人になってからの矯正は、周りの目が気になるかもしれません。そんな場合は、歯の内側にブラケットをつける矯正方法もあります。普通のブラケットよりも費用は割高になってしまいますが、歯をむき出しても見えないので安心して笑顔になれますね。
他には、マウスピースをつけて少しづつ歯を動かしていく方法もあります。ただ、歯を削るなどの処置が必要な場合もあります。
大人の矯正の方が、子供の矯正より治療方法にバラエティーがあるので、それぞれのニーズに合わせた方法を選択できます。